いのちのオアシス

バイブルビタミン

2022年08月2日

夜空の万象を造り支配する創造主


今日のことば

創世記 1:14-16 (新改訳JSS2017) 神は仰せられた。「光る物が天の大空にあれ。昼と夜を分けよ。定められた時々のため、日と年のためのしるしとなれ。15また天の大空で光る物となり、地の上を照らすようになれ。」すると、そのようになった。16神は二つの大きな光る物を造られた。大きいほうの光る物には昼を治めさせ、小さいほうの光る物には夜を治めさせた。また星も造られた。

 

コメント

創造主は私たちがこの地球で生きるために必要なものと環境をすべて造り整えてくださいました。その中に太陽、月、星も造られました。これらはいくつかの役割があると創造されたときに言いました。まず、昼と夜を区別するものとしました。それぞれに必要な光を与えてくれます。しかし、さらに、これらは季節、日、月、年をも区切ります。それらの動きによって私たちは時間を刻み量るのです。その正確さは類のないものです。私たちの時計はそれを現すだけです。その正確さのゆえに、何百年前、いや何千年も前の夜空を調べて見ることができるのです。しかし、もう一つこれらは「定めの時」と「しるし」となるものとして造られたとも言っています。天体の中の動きや出来事がしるしとなると言っているのです。その最大のしるしの一つは「ベツレヘムの星」です。如何にして東の賢者たちはこれがユダヤの王(メシヤ)の誕生を指していることが分かったのでしょうか?不思議ですね。イザヤは言いました。「あなたがたは目を高く上げて、だれがこれらを創造したかを見よ。この方はその万象を数えて呼び出し、一つ一つ、その名をもって呼ばれる。この方は精力に満ち、その力は強い。一つも漏れるものはない」(イザヤ40:26 JSS2017)。ダビデも宣言しました。「天は神の栄光を語り告げ 2大空は御手のわざを告げ知らせる。昼は昼へ話を伝え 夜は夜へ知識を示す。3話しもせず 語りもせず その声も聞こえない」(詩篇19:1‐3)。パウロはこのことばを引用して、これは神が人類すべてに語り証されている証拠であると言いました(ローマ10:17‐18参照)。太陽、月、夜空の万象は圧倒されるほどのものであるため、ある者はこれを拝み、祀ります。これはみことばの中で堅く禁じられています(申命記 4:19; 17:3; ヨブ記 31:26-28など参照)。また、星は私たちの生活や人生を導いたり、影響するものではありません。聖書では星占いも堅く禁じていて、死刑に値するとも定めています(申命記17:2-5参照)。しかし、天の万象には神はしるしや不思議をなされると言っています(ルカ21:11;使徒の働き2:19参照)。「それから、太陽と月と星にしるしが現れ、地上では海と波が荒れどよめいて、諸国の民が不安に陥って苦悩します。26人々は、この世界に起ころうとしていることを予測して、恐ろしさのあまり気を失います。天のもろもろの力が揺り動かされるからです。28これらのことが起こり始めたら、身を起こし、頭を上げなさい。あなたがたの贖いが近づいているからです」(ルカ21:25,26,28 JSS2017)。創造主がこれほど正確に、精密に造られ、すべてを細かく支配し動かしたいるのを見て、私たちの人生のすべて、詳細まで支配し導いてくださることを確信することができます(ローマ。8:28参照)

炉心

 

今日のQT箇所: 創世記 1:14-23  
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。