いのちのオアシス

バイブルビタミン

2022年08月5日

女は何のために造られたか


今日のことば

創世記 2:18,21-24 (リビングバイブルJCB) また、神はこう考えました。「人が一人でいるのはよくない。彼を助ける者がいなくては。」 21それで神はアダムをぐっすり眠らせ、彼の体から肋骨を一本取り出し、そのあとをふさぐと、 22その骨で女を造り、彼のところへ連れて来ました。 23「ああ、これはすばらしい!」アダムは思わず叫びました。「私の骨と私の肉から造られた、まさに私の一部です。そうだ、『男』から造ったのだから、『女』と呼ぶことにします。」 24人が両親のもとを離れて妻と結ばれ、二人が一体となるのはこうした背景があるのです。

 

コメント

創造主は地のちりから人を神のかたちに似せて造り、その鼻に神の息(いのち、魂)を吹き込んだ。(これが動物との違いです。19節参照)。人を神の園に置き、それを管理させ、耕せました。そこに同じ地のちりからつくられた動物を人のところに連れてきて、名前を付けさせました。また、ふさわしい助けてが見つけられるためでもあった。しかし、すべての動物の中からは見つかりませんでした。そこで、神は人を深い眠りに入れて、肋骨一本取り出し、それで女を造られました。頭の骨ではなく、足の骨でもなかった(女に支配されるものでもなく、女を踏みつけるものでもない)。肋骨は体の大切な内臓の部分を守る役割があります。また、夫が妻を抱くことをも表します。女は男と全く違った者として造られましたが、同等の存在として造られ、助け手また、親しい相手となるためでした(1コリント11:8-12参照)。しかし、この描写は結婚を表すものだけではなく、キリストとその花嫁なる教会をも表しています(エペソ5:24-33参照)。神の計画と意図は夫が妻を愛し、妻は夫を尊敬(尊重)することです、キリストと教会を完璧にあらわすものです。

炉心

 

今日のQT箇所: 創世記 2:18-25
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。