いのちのオアシス

バイブルビタミン

2022年08月18日

愛は罪をおおう


今日のことば

創世記 9:21-23 (新改訳JSS2017)彼はぶどう酒を飲んで酔い、自分の天幕の中で裸になった。22カナンの父ハムは、父の裸を見て、外にいた二人の兄弟に告げた。23それで、セムとヤフェテは上着を取って、自分たち二人の肩に掛け、うしろ向きに歩いて行って、父の裸をおおった。彼らは顔を背け、父の裸は見なかった。

 

コメント

神は地の表から悪に満ちた者を滅ぼし去りましたが、人の心の中にある罪の性質の根を断ち切られませんでした。人の心にある悪に引かれる傾向は直されていませんでした。聖書の中では酒を飲むこと事態は禁じられていませんが、酔態(酒に酔うこと)は強くとがめています(エペソ5:18;箴言20:1;イザヤ5:11など参照)。この事件の成り行きの詳細は示されていませんが、重要なのは息子たちの反応です。ハムは父の泥酔を見て、これを兄弟たちに言い広めました(多分父をあざけって)。シェムとヤペテは父の裸から目を隠し、背を向けて後ろに下がりながら、父におおいをかけました。私たちはみなつまずかせる罪の傾向が宿っています。他の人の欠点や過ちを見て、それをあばくことをしたがるのです。しかし、みことばはこのように教えています。「憎しみは争いを引き起こし、愛はすべての背きをおおう」(箴言10:12JSS2017)。私たちは自分の罪、過ちを隠すのではなく、告白しあらわさなければなりません(箴言28:13;1ヨハネ1:9参照)。そうするときに、神がその罪を赦し、おおってくださるのです。「幸いなことよ その背きを赦され 罪をおおわれた人は」(詩篇32:1 JSS2017)。他の人を愛することの一つは、その人の過ちをおおってあげることです。「何よりもまず、互いに熱心に愛し合いなさい。愛は多くの罪をおおうからです」(1ペテロ4:8 JSS2017)。

炉心

 

今日のQT箇所: 創世記 9:18-29
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。