いのちのオアシス

バイブルビタミン

2022年09月29日

愛はすべてを耐える


今日のことば

創世記 29:15, 18‐20 (新改訳JSS2017) ラバンはヤコブに言った。「あなたが私の親類だからといって、ただで私に仕えることもないだろう。どういう報酬が欲しいのか、言ってもらいたい。」18ヤコブはラケルを愛していた。それで、「私はあなたの下の娘ラケルのために、七年間あなたにお仕えします」と言った。19ラバンは、「娘を他人にやるよりは、あなたにやるほうがよい。私のところにとどまっていなさい」と言った。20ヤコブはラケルのために七年間仕えた。ヤコブは彼女を愛していたので、それもほんの数日のように思われた。

 

コメント

愛はすごいものです。愛する者のために驚くべきことをなさせます。ラバンがヤコブに無償で働くことはよくない、何を報酬として求めるかを尋ねたところ、娘ラケルを妻として与えていただけるために7年間働くと言いました(このラケルはヤコブが最初にハランに着き、井戸で出会い助けてあげた女でした)。彼は完全に彼女に魅了されていたと言えましょう(笑)。そのため、その7年間は数日のようであった、(あっという間であった)とあります。興味深いことに聖書もこの7年間をわずかしか記録していません。神が詳細に関心がないというわけではありませんが、常に大きな視野をもって全体像を見られているのです。みことばに、「主の御前では、一日は千年のようであり、千年は一にのようです」(2ペテロ3:8 JSS2017)とあります。私たちは時に詳細の中に意味や意義を見出そうとしますが、神はもっと大きな目的と計画を持って働かれていることがある。ゆえに、ペテロが言いました。「主は、ある人たちが遅れていると思っているように、約束したことを遅らせているのではなく、あなたがたに対して忍耐しておられるのです。だれも滅びることがなく、すべての人が悔い改めに進むことを望んでおられるのです」(2ペテロ3:9 JSS2017)。物事が思うように進まないと感じ、焦れる時、神はさらに大きな計画の中で目的を達成しようとしていることを信じ、信頼しなければなりません。そして私たちをその中を運んでくれるのは主を愛し、人を愛することです。「愛は寛容(忍耐深い)であり、愛は親切です。 ...すべてを耐え、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを忍びます。愛は決して絶えることがありません」(1コリント13:4,7,8 JSS2017)。

炉心

 

今日のQT箇所: 創世記 29:15‐30
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。