いのちのオアシス

バイブルビタミン

2022年09月30日

あらゆるときに主をほめたたえる


今日のことば

創世記 29:31-32 (新改訳JSS2017) 主はレアが嫌われているのを見て、彼女の胎を開かれたが、ラケルは不妊の女であった。レアは身ごもって男の子を産み、その子をルベンと名づけた。彼女が、「主は私の悩みをご覧になった。今こそ夫は私を愛するでしょう」と言ったからである。

 

コメント

レアは非常に難しい状況にいました。父と企んでラケルと共にヤコブに嫁がれました。ヤコブの心はラケルに向けられていましたが、レアは嫌われ者、憎まれていました。しかし、主はレアの胎を開き子どもを与えましたが、ラケルの胎は閉ざされました。レアは自分が産んだ子供をもって夫の愛を勝ち取ろうとしました。最初に生まれた3人の子どもの名はこのことを現しています(32-34節参照)。しかし、四番目の子どもが生まれたときにレアは、自分の幸せと満足は夫から得られるものではなく、主から来ることを覚えて子どもの名前をユダ(賛美)と着けて言いました。「今度は、私は主をほめたたえます。」いかなる状況の中にあっても私たちの心を主に向けて、主だけで満足することを覚える時に、平安と安らぎを覚え、心が満たされます。「私はあらゆるときに 主をほめたたえる。私の口には いつも主への賛美がある。私のたましいは主を誇る。貧しい者はそれを聞いて喜ぶ。私とともに主をほめよ。 一つになって 御名をあがめよう」(詩篇34:1‐3 JSS2017)。

炉心

 

今日のQT箇所: 創世記 29:31-35
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。