いのちのオアシス

バイブルビタミン

2022年11月11日

主の導きに注意深く聞き従う


今日のことば

創世記 46:2-4(新改訳JSS2017) 神は、夜の幻の中でイスラエルに「ヤコブよ、ヤコブよ」と語りかけられた。彼は答えた。「はい、ここにおります。」 3すると神は仰せられた。「わたしは神、あなたの父の神である。エジプトに下ることを恐れるな。わたしはそこで、あなたを大いなる国民とする。 4このわたしが、あなたとともにエジプトに下り、また、このわたしが必ずあなたを再び連れ上る。そしてヨセフが、その手であなたの目を閉じてくれるだろう。」

 

コメント

ヤコブは再び旅に出ます、そして神はまた旅の始まりに語られます。ヤコブが旅に出るたんびに主が現れ、語りかけられました(創世記 28:10-15; 32:24-28参照)。後にヤコブは主なる神について言いました。「私の先祖アブラハムとイサクが、その御前に歩んだ神よ。今日のこの日まで、ずっと私の羊飼いであられた神よ」(創世記48:15 JSS2017; 詩篇23も参照)。主は私たちの羊飼いとなりいつも私たちの先を行き導いてくださいます。でも、いつもしっかり耳を傾けて主の声とその時のための導きを聞き入れることは非常に大切です。みことばの中でこのところ以外はほとんどエジプトに下ってはならないと言っています。しかし、神はここでヤコブに言いました。「エジプトに下ることを恐れるな。わたしはそこで、あなたを大いなる国民とする。このわたしが、あなたとともにエジプトに下り、また、このわたしが必ずあなたを再び連れ上る」。神は計画と目的があり、ここを通らなければ成就しないものがありました。祝福の時もあるのですが、困難も待ち受けていました。しかし、最終的にはもう一度、神が父アブラハム、イサクとヤコブに約束された地に導き戻られるのです。 「主は私の羊飼い。私は乏しいことがありません。2主は私を緑の牧場に伏させ いこいのみぎわに伴われます。 3主は私のたましいを生き返らせ 御名のゆえに 私を義の道に導かれます。 4たとえ死の陰の谷を歩むとしても 私はわざわいを恐れません。あなたがともにおられますから。あなたのむちとあなたの杖 それが私の慰めです。5私の敵をよそにあなたは私の前に食卓を整え 頭に香油を注いでくださいます。私の杯はあふれています。6まことに私のいのちの日の限りいつくしみと恵みが私を追って来るでしょう。私はいつまでも主の家に住まいます」 (詩篇23:1‐6 JSS2017)。

炉心

 

今日のQT箇所: 創世記 46:1-7
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。