いのちのオアシス

バイブルビタミン

2022年11月15日

誰の奴隷となるのか


今日のことば

創世記 47:19-21 (新共同訳)どうしてあなたさまの前で、わたしどもと農地が滅んでしまってよいでしょうか。食糧と引き換えに、わたしどもと土地を買い上げてください。わたしどもは農地とともに、ファラオの奴隷になります。種をお与えください。そうすれば、わたしどもは死なずに生きることができ、農地も荒れ果てないでしょう。」 20  ヨセフは、エジプト中のすべての農地をファラオのために買い上げた。飢饉が激しくなったので、エジプト人は皆自分の畑を売ったからである。土地はこうして、ファラオのものとなった。 21 また民については、エジプト領の端から端まで、ヨセフが彼らを奴隷にした。

 

コメント

飢きんは年ごとにひどくなり、人々は絶望的になり窮地に陥りました。最後に、自分も自分の土地もすべてヨセフに差し出し、食糧の代わりに買ってくださるように願いました。奴隷(農奴)になることを選択しました。私たちはあまり、奴隷とかしもべといったことばになじみません。しかし、事実、だれかの奴隷であり、仕えるのです。70年代のシンガー ボッブ・ディランは歌いました。“Gotta serve somebody.  May be the devil, and it may be the Lord but ya gotta serve somebody.”  (「誰かに仕えるのだ。悪魔に仕えるかもしれない、主なる神に仕えるかもしれない、でも、誰かに仕えるのだ。」)しもべになること自体は悪いことではありません。重要なのは誰に仕えているかです。「あなたがたは知らないのですか。あなたがたが自分自身を奴隷として献げて服従すれば、その服従する相手の奴隷となるのです。つまり、罪の奴隷となって死に至り、あるいは従順の奴隷となって義に至ります。17神に感謝します。あなたがたは、かつては罪の奴隷でしたが、伝えられた教えの規範に心から服従し、18罪から解放されて、義の奴隷となりました。20あなたがたは、罪の奴隷であったとき、義については自由にふるまっていました。22 しかし今は、罪から解放されて神の奴隷となり、聖潔に至る実を得ています。その行き着くところは永遠のいのちです」(ローマ 6:16-18,20,22 JSS2017)。パウロは自分のことをこう言いました。「神のしもべ、イエス・キリストの使徒パウロ…。」(テトス1:1 JSS2017)。あなたはだれの奴隷ですか?

炉心

 

今日のQT箇所: 創世記 47:13-22 
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。