いのちのオアシス

バイブルビタミン

2023年01月31日

真の神はただ一人


今日のことば

1サムエル記 5:2-4 (新改訳JSS2017)  それからペリシテ人は神の箱を取り、ダゴンの神殿に運んで来て、ダゴンの傍らに置いた。アシュドデの人たちが、翌日、朝早く起きて見ると、なんと、ダゴンは主の箱の前に、地にうつぶせになって倒れていた。そこで彼らはダゴンを取り、元の場所に戻した。次の日、朝早く彼らが起きて見ると、やはり、ダゴンは主の箱の前に、地にうつぶせになって倒れていた。ダゴンの頭と両手は切り離されて敷居のところにあり、胴体だけがそこに残っていた」。

 

コメント

ペリステ人はイスラエルの神に対して勝利し、その神(契約の箱)をとらえたと思いました。契約の箱を自分たちの偶像の神ダゴンの宮に収めました。ダゴンは人魚のかたちをした、上半分は女性の体、下半分は魚の胴体の偶像でした。しかし、二日連続でダゴンの偶像は契約の葉の前に倒れました。二日目にはダゴンの頭と手足が胴体から折れて壊れました。しかも、その町(アシドデ)の住民に恐ろしい疫病も起こり、出血する痔ができたとあります(その他の症状からたぶん腺ペストであったと考えられます)。恐ろしさのあまり、次の町に契約の箱を移しましたが、同じことが起こりました。イスラエルの神はただ、他の神々と同じような神ではなく、天地万物の創造主、全世界の主権者なる神です。ほかに比べる者はありません。「あなたがたは神をだれになぞらえ、神をどんな似姿に似せようとするのか。25 「それなのに、あなたがたは、わたしをだれになぞらえ、だれと比べようとするのか」と 聖なる方は言われる」(イザヤ40:18,25 JSS2017)。人間は神を何かのかたちに収めようとしますが、聖書はこれらのものは神ではないと言っています(イザヤ40:20; 41:7; 44:17-20; 使徒の働き 17:24-29など参照)。ペリシテ人はこのことをありありと示されました。パウロはこのように神を説明しています。「この世界とその中にあるすべてのものをお造りになった神は、天地の主ですから、手で造られた宮にお住みにはなりません。また、何かが足りないかのように、人の手によって仕えられる必要もありません。神ご自身がすべての人に、いのちと息と万物を与えておられるのですから」(使徒の働き17:24-25 JSS2017)。だから、「私たちは神の中に生き、うごき、存在している」のです」(使徒の働き17:28 JSS2017)。

炉心

 

今日のQT箇所: 1サムエル5:1-12
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。