いのちのオアシス

バイブルビタミン

2023年02月11日

怒っても、罪を犯すな


今日のことば

1サムエル記 11:6 (新改訳JSS2017) サウルがこれらのことばを聞いたとき、神の霊がサウルの上に激しく下った。彼の怒りは激しく燃え上がった。

 

コメント

時には私たちは誤解して神の霊は御霊の実によってのみ現わされると考えることがあります。確かに、御霊の実は「愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制です」(ガラテヤ 5:22-23 JCB)。しかし、神は怒ることもあります(35以上記録があります)。イエスも怒りました(マルコ3:5; ヨハネ 2:13-17など参照)。何が私たちを怒らせるのでしょうか?たいて、私たちの権利が害われたり、不正を感じたりする時です。神を怒らせるのは何でしょうか?罪、頑なな心、人がそこなわれたり、他の人に対する不正や傷つけられるときです。ここで主の霊がサウルにのぞみ彼はヤベシュ・ギルアデに対する不正と被害の脅迫に対して激しく怒りました。神はこの怒りを用いて、イスラエルに大きな勝利をもたらしました。怒りは動機づけるものではありますが、必ずしも正しい方法にではありません。みことばにこのように書いてあります。「怒っても、罪を犯してはなりません」(エペソ4:26 JSS2017)。これは詩篇の引用でこのように続きます。「あなたがたは怒っても、罪を犯してはならない。床の上で静かに自分の心に語りなさい。〔セラ 〕 義のいけにえをささげて主に寄り頼みなさい」(詩篇 4:4-5 口語訳)。神を怒らせるものに対して私たちも怒るべきです。しかし、その怒りは復讐の罪に至らせてはいけません。神の霊に満たされるときには激しく動かされることもあります。でも、聖霊に導かれ、制御されることが重要です。神の心を私たちも感じ取ることができるようになりましょう。しかし覚えておかなけれなならないことは、怒りは人に対してではなく、問題の解決に向けることです。

炉心

 

今日のQT箇所: 1サムエル記 11:1-15
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。