いのちのオアシス

バイブルビタミン

2023年03月15日

どんな時にでも主を求める


今日のことば

1サムエル記 23:1-2 JCB ある日、ペリシテ人がケイラの打穀場を襲ったという知らせが、ダビデのもとに届きました。 2ダビデは、「ペリシテ人を攻めに行くべきでしょうか」と主に伺いを立てました。すると、「行って、ケイラを救え」との主の答えでした。

 

コメント

ダビデは困惑し、苦難の中で命からがら逃げていました。しかし、ケイラという町(これは私たちケイラーの名前と何の関係もありません。英語で、ヘブル語で全く違うことばですが、日本語のカタカナで似た発音になる)がペリシテ人に悩まされて、困っていることを聞いたとき、助けるべきかどうかを主に伺いました。しかし、敵は強く、数も多いので迷いました。ゆえに主にたずねたところ、「行ってケイラを救え」と言われて、攻めました。主が勝利を与えて、ケイラの町が助かりました。この話から多くのことを学ぶことができます。そのいくつかを述べます。何事をも主に求めるべきであります。私たちが困難の中にあるときでも、他の人に手を伸ばし、助けることができます。敵がどんなに大きくても、強くても、主が「行け、攻めなさい」と言われたら、勝利を与えてくださいます。これは日常生活の中で毎日主は導かれ、主に聞き従うときに助けてくださいます。ゆえに、どんなに大きいことであれ、小さなことであれ、祈り、主を求め、みことばを読み、主が語ってくださることを聞くべきです。主が共にいれば、何事でもできるのです。祈る、聞く、従う。

炉心

 

どのように当てはまりますか?

今日のQT箇所: 1サムエル記 23:1-14
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。