いのちのオアシス

バイブルビタミン

2023年03月22日

富は何のためにあるか


今日のことば

1サムエル記 25:36-38(リビングバイブルJCB) アビガイルが帰宅すると、ナバルは酒宴の真っ最中でした。彼がひどく酔っていたので、翌朝までアビガイルは、ダビデに会ったことについてはひと言も話しませんでした。 37-38朝になって、酔いがさめたナバルに昨日のことを話すと、彼は気を失って十日間というもの寝込み、ついに息絶えました。主が彼のいのちを取り去ったのです。

 

コメント

ナバルは完全に間違った人生観と優先順位を持っていました。彼は酒宴を開き(ある訳では王様のようにふるまっていたとあります)、そして、上きげんでひどく酔っていました。自分が築いた富と業績を祝い楽しんでいました。しかし、自分以外は家族(妻)も誰に対しても心は向いていませんでした(17節参照)。イエスもある金持ちの話をしました。「ひとり満足した金持ちは、われとわが身に言い聞かせたのです。『もう何も心配はいらないぞ。これから先何年分もの食料がたっぷりある。さあ、食べて、飲んで、楽しくやろう。』 20しかし神は、こう言われました。『愚か者よ! あなたのいのちは、今夜にもなくなる。そうしたら、ここにある物は、いったいだれのものになるのか。』 21いいですか。この地上でいくらため込んでも、天国に財産を持っていない者は、愚か者なのです」(ルカ12:19-21 JCB)。ナバルの名前の意味は「愚か者」、イエスはこの金持ちも「愚か者よ」と言いました。彼らは真の富や豊かさは主から来る祝福であることが分かっていませんでした(マタイ6:19-20; ヤコブ5:1-3参照)。富と豊かさは悪いものではありません。箴言には「主の祝福は人を富ませる、主はこれになんの悲しみをも加えない」(箴言10:22 口語訳)とあります。パウロも金持ちや裕福な者たちに指導しました。「富んでいる人には、高慢にならないように、そして、すぐになくなるお金に望みをかけないように教えなさい。また、必要なものをいっさい備えて、私たちの人生を楽しませてくださる生ける神を誇りとし、この方だけを信頼するように忠告しなさい。 18また、自分の持ち物はすべて神からいただいた物だとわきまえ、困っている人には喜んで分け与えるように教えなさい。そうすれば、神の前でたくさんの善をほどこす者となり、 19自分のために、ほんとうの宝を天に積むことになります。これこそ、未来に備えて永遠のいのちの基礎を築く生活です」(1テモテ 6:17-19 JCB)。

炉心

 

あなたにどのように当てはまりますか?

 

今日のQT箇所: 1サムエル記 25:36-44
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。