いのちのオアシス

バイブルビタミン

2023年04月6日

目を覚まして祈る


今日のことば

マタイ 26:36,38,40,41 (新改訳JSS2017) それから、イエスは弟子たちと一緒にゲツセマネという場所に来て、彼らに「わたしがあそこに行って祈っている間、ここに座っていなさい」と言われた。38そのとき、イエスは彼らに言われた。「わたしは悲しみのあまり死ぬほどです。ここにいて、わたしと一緒に目を覚ましていなさい。」それから、イエスは弟子たちのところに戻って来て、40彼らが眠っているのを見、ペテロに言われた。「あなたがたはこのように、一時間でも、わたしとともに目を覚ましていられなかったのですか。41誘惑に陥らないように、目を覚まして祈っていなさい。霊は燃えていても肉は弱いのです。」

 

コメント

イエスはこれから起ころうとしていることを理解していました。逮捕、裁判、十字架刑と最終的に復活。しかし、だからと言って、この決断も、この道も決して耐えやすいものではありませんでした。父とはいつも祈りの中ですべてのことを話し合い、父の声を聞き、御心を受けとめて歩かれました。これから何が起ころうとも、父の御心であれば、大丈夫であることを悟っていました。主なる神は必ずすべてを相働いて益としてくださり、御心と目的を必ず実現することを理解していました。キリストの死、葬り、復活はこのことの最高の事例です。もう一度父なる神の前に出て、御心を確認しようとしました。そして、弟子たちにも祈りと神の御心について教え、いかに困難な、厳しいことに直面するときにどうすればよいかを教えようとしました。彼らに言いました。「目を覚ましていなさい。」しかし、帰って来てみたら、弟子たちは眠っていました。「あなたがたはこのように、一時間でも、わたしとともに目を覚ましていられなかったのですか」(40節)。以前にも何回もこのことを言って警告しました(マタイ24:42; 25:13など参照)。なぜこれは非常に重要であるかをまた教えました。「誘惑に陥らないように、目を覚まして祈っていなさい。霊は燃えていても肉は弱いのです」(41節)使徒たちも後に私たちにも同じことを語っています。「あらゆる祈りと願いによって、どんなときにも御霊によって祈りなさい。そのために、目を覚ましていて、すべての聖徒のために、忍耐の限りを尽くして祈りなさい」(エペソ6:18 JSS2017)。「身を慎み、目を覚ましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、吼えたける獅子のように、だれかを食い尽くそうと探し回っています。9堅く信仰に立って、この悪魔に対抗しなさい。ご存じのように、世界中で、あなたがたの兄弟たちが同じ苦難を通ってきているのです」(1ペテロ5:8-9 JSS2017)。

炉心

 

今日のQT箇所: マタイ26:26-50
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。