いのちのオアシス

バイブルビタミン

2023年05月12日

何より心を守れ


今日のことば

2サムエル記 17:14 (新改訳JSS2017) アブサロムとイスラエルの人々はみな言った。「アルキ人フシャイの助言は、アヒトフェルの助言よりも良い。」これは、主がアブサロムにわざわいをもたらそうとして、主がアヒトフェルのすぐれた助言を打ち破ろうと定めておられたからである。

 

コメント

アブサロムは非常に危機的な分かれ目に立っています。王として、イスラエルの指導者として自分の立場をかためなければなりません。アヒトフェルの助言を尋ねました。アヒトフェルはすぐに特集部隊を招集し、ダビデのみを狙い撃ち、他の民をアブサロムのところに連れ戻すのに求めました。これは良い助言だと、アブサロムも聞いた他の方も思いましたが、アブサロムはセカンドオピニオンを求めて、フシャイの助言を求めました。普通はこれは賢いことであり、選択肢をすべてそろえて、一番良い方法を選ぶことは知恵です。フシャイはダビデをよく知っていましたし、アブサロムの心も見抜いていました。アブサロムの高慢とまた不安もよく理解していました。そして、別の助言をしました。それは、イスラエルの軍隊を全員集めて、アブサロムが先頭に立ち、ダビデを打ち、その家来たちを完全にうち滅ぼすことでした。アヒトフェルの優れた助言よりも、アブサロムはフシャイの罠にかかりました。しかし、背後には主権者なる神の御手が働いていました。主はアブサロムを打ち破り、崩壊させようと仕掛けていました。神が最終的な主権者であり、全てを見計らっていました。いくつかのことがここで働いています。アヒトフェルの助言は恨みと憎しみから生まれていました。実は、バテシェバはアヒトフェルの孫娘であり、ダビデは彼女を犯し、その夫を殺害したのです。また、アブサロムは自分の高慢と不安からフシャイの助言に魅了されました。恨み、憎しみ、赦さない心、恐れ、不安はすべて私たちをとらえ、落とし穴となるのです。また、神はその主権をもって、自分の心にかなっていた、ダビデを回復させ、ここですべてをくつがえそうとしていました。最善の行いよりも、正しい心が重要であります。「何よりも、あなたの心を守りなさい。心は生活全体に影響を与えるからです」(箴言 知恵の泉 4:23 JCB)。

炉心

 

あなたにどのように当てはまりますか?

 

今日のQT箇所: 2サムエル記 17:1-14
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。