いのちのオアシス

バイブルビタミン

2023年05月18日

ダビデ王に立ち返るイスラエル


今日のことば

2サムエル記 19:14-15 (新改訳JSS2017) すべてのユダの人々は、あたかも一人の人のように心を動かされた。彼らは王のもとに人を遣わして、「あなたも家来たちもみな、お帰りください」と言った。王は帰途につき、ヨルダン川までやって来た。一方、ユダの人々は、王を迎えてヨルダン川を渡らせるためにギルガルに来た。

 

コメント

イスラエルとユダは正統の王を拒み、反逆者を王と求めましたが、これがいかに間違った選択であるかに気づいたときには、心を変え、へりくだり、ダビデ王を再び迎えました。これは終わりの日のイスラエルをも描写しています。彼らは神が送られたメシヤであり、王であるダビデの子イエス・キリストに背を向け拒まれたのです。「ピラトはユダヤ人たちに言った。「見よ、おまえたちの王だ。」彼らは叫んだ。「除け、除け、十字架につけろ。」ピラトは言った。「おまえたちの王を私が十字架につけるのか。」祭司長たちは答えた。「カエサルのほかには、私たちに王はありません」(ヨハネ19:14-15 JSS2017)。しかし、彼らはもう一度、その間違った判断を悔い改め、一つの民として、彼らの王に立ち返るのです。「その後で、イスラエルの子らは帰って来て、自分たちの神である主と、自分たちの王ダビデを尋ね求める。そして終わりの日には、主とそのすばらしさにおののく」(ホセア 3:5 JSS2017)。「わたしのしもべダビデが彼らの王となり、彼ら全体のただ一人の牧者となる。彼らはわたしの定めに従って歩み、わたしの掟を守り行う」(エゼキエル 37:24; 25-28も参照)。イエス・キリスト(へブル語‐イェシュア・ハマシヤ)は再び帰ってきて、全イスラエルとすべての国々の人々によって迎え入れられます。「見よ、その方は雲とともに来られる。すべての目が彼を見る。彼を突き刺した者たちさえも。地のすべての部族は 彼のゆえに胸をたたいて悲しむ。しかり、アーメン」(黙示録1:7 JSS2017)。その時にみことばの約束が成就します。「こうして、イスラエルはみな救われるのです。「救い出す者がシオンから現れ、ヤコブから不敬虔を除き去る。これこそ、彼らと結ぶわたしの契約、すなわち、わたしが彼らの罪を取り除く時である」と書いてあるとおりです」(ローマ11:24‐25 JSS2017)。神は悔い改めて立ち返るイスラエルをもう一度赦し、受け入れるのなら、私たちも悔い改めて、神に立ち返るときに赦し、神の子どもとして受け入れてくださるのです。「主を求めよ、お会いできる間に。呼び求めよ、近くにおられるうちに。悪しき者は自分の道を、不法者は自分のはかりごとを捨て去れ。主に帰れ。そうすれば、主はあわれんでくださる。私たちの神に帰れ。豊かに赦してくださるから」(イザヤ55:6‐7;ヨエル2:13も参照)。

炉心

 

あなたにどのように当てはまりますか?