いのちのオアシス

バイブルビタミン

2023年05月19日

神との関係の回復が一番大切


今日のことば

2サムエル記 19:28 (新改訳JSS2017) 私の父の家の者はみな、王様から見れば、死刑に当たる者にすぎなかったのですが、あなたは、このしもべをあなたの食卓で食事をする者のうちに入れてくださいました。ですから、この私に、どうして重ねて王様に訴える権利があるでしょう。」

 

コメント

メフィボシェテとダビデの関係は私たちと神の恵みの関係を美しく描写しています。メフィボシェテはサウルの孫であり、ヨナタンの息子でした。ダビデが王座に最初について間もなくメフィボシェテにサウルとヨナタンの遺産をすべて回復し、メフィボシェテ自身ダビデの王家の食卓に着くことができるようにしました(2サムエル記 9:10-11参照)。ダビデがアブサロムから逃亡したときに、メフィボシェテも一緒に行くと思っていました。しかし、そのときにそのしもべツイバが現れ、メフィボシェテはダビデを裏切ってアブサロムに着いたと訴えました。ダビデが帰ってきたときにメフィボシェテはダビデのところに来て、自分はツイバにだまされて、そしられたと弁明しました(26‐27節参照)。明らかにメフィボシェテとツイバの関係はひずんでいました。ダビデはそれをさばく代わりに、知恵ある判断を下し、財産を二人に二分して与えるように言いました。しかし、メフィボシェテは自分にとってはものを取得するのではなく、ダビデとの関係を回復し、前と同じように、ただダビデの王家の食卓に着かせていただければそれで充分ですと求めました(29-30節参照)。これは私たちが神の寛大な恵みにどのように応答すべきかを示してくれています。私たちは死に値するさばきを受けるはずでした(ローマ3:23; 6:23参照)。しかし、神は私たちの犯行の罪を赦しただけではなく、その結果失われたものをも回復してくださると約束されるのです(ヨエル2:25-26参照)。何と神の恵みの大きいことでしょう(ローマ5:8,17;2ペテロ1:3-4)。神から何を得るかではなく、神との関係をいかに回復されるかを喜び、感謝すべきです。

 

炉心

 

あなたにどのように当てはまりますか?

 

今日のQT箇所: 2サムエル記 19:16-30
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。