いのちのオアシス

バイブルビタミン

2023年05月24日

単純な従順


今日のことば

2サムエル記 21:1-2 (新改訳JSS2017) ダビデの時代に、三年間引き続いて飢饉が起こった。それで、ダビデは主の御顔を求めた。主は言われた。「サウルとその一族に、血の責任がある。彼がギブオン人たちを殺戮したからだ。」 2王はギブオン人たちを呼び出し、彼らに話した。このギブオンの人たちは、イスラエル人ではなくアモリ人の生き残りで、イスラエル人は彼らと盟約を結んでいた。だが、サウルはイスラエルとユダの人々への熱心のあまり、彼らを討とうとしたのである。

 

コメント

自然災害はいろいろな原因で起こります。時には、その背後には霊的な原因もあります(しかしいつもではない)。ダビデはしばらく続いていた干ばつのことで主に伺い、何か背景にあるかと尋ね求めました。すると、確かに、原因があると答えられました。サウル王とその家族のものが熱烈な愛国心のゆえに、外国の影響をイスラエルとユダの中からきよめ去ろうと熱心のあまり、ギベオン人をも虐殺しようとしたようです。確かに、ギベオン人は裏手をつかってイスラエルをだましましたが、イスラエル人はギベオン人と契約を結んだのです(ヨシュア記9章を参照)。そしてサウルはこの契約を無視して彼らを聖絶しようとしました。私たちの約束や契約のことばは非常に重要です。ゆえにイエスは何を誓うかを非常に気を付けなければならないと言いました(マタイ5:33-34など参照)。ヤコブもこのことについて説明しています。「私の兄弟たち。とりわけ、誓うことはやめなさい。天にかけても地にかけても、ほかの何にかけても誓ってはいけません。あなたがたの「はい」は「はい」、「いいえ」は「いいえ」でありなさい。そうすれば、さばきにあうことはありません」(ヤコブ5:12 JSS2017)。サウル王はアマレク人に対する神の命令を完全に守り通さなかった結果、何とかして、自分を弁明しようとしてイスラエルから外国人を根絶やしにしようとしたのかもしれません。しかし、これは神の計画でも、御心でもありませんでした。神が明確に言われたことをしない代わり、何とか自分の思いで神を喜ばせようとするときにはうまくいきません。神は単純に従順な心を求めています。「主は、全焼のささげ物やいけにえを、主の御声に聞き従うことほどに 喜ばれるだろうか。見よ。聞き従うことは、いけにえにまさり、耳を傾けることは、雄羊の脂肪にまさる。従わないことは占いの罪、高慢は偶像礼拝の悪。」(1サムエル記 15:22-23 JSS2017)。ダビデは如何にして神を喜ばせるべきかを学びました。「まことに 私が供えても あなたはいけにえを喜ばれず 全焼のささげ物を望まれません。神へのいけにえは 砕かれた霊。打たれ 砕かれた心。神よ あなたはそれを蔑まれません」(詩篇51:16-17)。神の声を聞き単純に従うことを心がけましょう。

炉心

あなたにどのように当てはまりますか?

 

今日のQT箇所: 2サムエル記 21:1-14
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。