いのちのオアシス

バイブルビタミン

2023年06月13日

どん底から主に呼ばわる


今日のことば

哀歌 3:55-58 (新改訳JSS2017) あなたは私の声を聞かれました。56私のうめき声に、私の叫びに、耳を閉ざさないでください。57私があなたを呼び求めると、あなたは近づき、『恐れるな』と言われました。58主よ。あなたは私のたましいの訴えを取り上げ、私のいのちを贖ってくださいました。

 

コメント

エレミヤはその境遇の中で自分の思いと感情を表しています。エルサレムの崩壊と滅亡を体験したばかりです、多くの捕囚がバビロンに連れていかれました。彼のいのちは救われましたが、状況は壊滅的でした(エレミヤ39-41章参照)。その直前にも、彼の預言のことばのゆえに、捕らえられ、実際に水のない、水槽の穴に入れられていました(エレミヤ38章参照)。そこで、エレミヤは主に呼ばわりました。そして主が答えてくださったのです、「恐れるな」。エレミヤは頼みました。「私を弁護してくれる主よ、私をお守りください。あなたは私のいのちを買い戻してくださったのです」(58節 JCB)。ダビデも同じようなことを表現しています。「ああ主よ。私は失意のどん底から、あなたの助けを叫び求めます。2「お願いですから、私の訴えを聞いて、助けてください」(詩篇130:1-2 JCB;詩篇40:1-5; 142:3-7参照;ヨナ 2:2-4も参照)。「失意のどん底」にいるときどうしたらよいのでしょうか?主に呼ばわるのです。「彼がわたしを呼び求めれば わたしは彼に答える。わたしは苦しみのときに彼とともにいて 彼を救い 彼に誉れを与える」(詩篇91:15 JSS2017; 詩篇17:6; イザヤ58:9; エレミヤ 33:3 なども参照)。立派な祈りではなくともよいのです。きれいなことばでなくてもいいのです。ただ、主の御名を呼び求めるのです。「主の御名を呼び求める者は、だれでも救われるのです」(ローマ10:13 JCB; 使徒の働き2:21参照)。

炉心

あなたにどのように当てはまりますか?

 

今日のQT箇所: 哀歌 3:55-66
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。