いのちのオアシス

バイブルビタミン

2023年06月15日

さばきの時の完成


今日のことば

哀歌 4:22 (新改訳JSS2017) 娘シオンよ、あなたへの刑罰は果たされた。主はもう、あなたを捕らえ移すことはなさらない。だが、娘エドムよ、主はあなたの咎を罰し、あなたの罪を暴かれる。

 

コメント

罪と、咎、悪に対する神の裁き(刑罰)は確かであり、必ず成し遂げられなければなりません。哀歌はその現れを認め、嘆きを表すものです。しかし、ここで、希望のチラツキを見られます。神の裁きはいつまでも続くものではない。必ず終わりが来ることは良い知らせです。しかし、その終わりは理由があります。それは、義なるイエス・キリストが身代わりのさばきを受けてくださることです。その結果私たちは贖いと慰めを受けることができるのです。「エルサレムに優しく語りかけよ。これに呼びかけよ。その苦役は終わり、その咎は償われている、と。そのすべての罪に代えて、二倍のものを主の手から受けている、と」(イザヤ40:2 JSS2017;エレミヤ50:20も参照)。ときに、神の裁きが終わりなく続くように感じることもあります。「しかし時が満ちて、神はご自分の御子を、女から生まれた者、律法の下にある者として遣わされました。それは、律法の下にある者を贖い出すためであり、私たちが子としての身分を受けるためでした」(ガラテヤ4:4-5 JSS2017)。今、まだ、人間の罪と悪に対するさばきの働きが完成に至るまで、働き続けています。しかし、神の約束があります。「主の恵みの年、われらの神の復讐の日を告げ、すべての嘆き悲しむ者を慰めるために。シオンの嘆き悲しむ者たちに、灰の代わりに頭の飾りを、嘆きの代わりに喜びの油を、憂いの心の代わりに賛美の外套を 着けさせるために。彼らは、義の樫の木、栄光を現す、主の植木と呼ばれる」(イザヤ61:2-3 JSS2017;黙示録6:10-11; 11:15-18も参照)。

炉心

 

あなたにどのように当てはまりますか?