いのちのオアシス

バイブルビタミン

2023年07月1日

すべての器官が必要です


今日のことば

使徒の働き 6:2-4(新改訳JSS2017) そこで、十二人は弟子たち全員を呼び集めてこう言った。「私たちが神のことばを後回しにして、食卓のことに仕えるのは良くありません。そこで、兄弟たち。あなたがたの中から、御霊と知恵に満ちた、評判の良い人たちを七人選びなさい。その人たちにこの務めを任せることにして、私たちは祈りと、みことばの奉仕に専念します。」

 

コメント

教会に問題が起きました(人々が教会にいる限り問題が起きます、しかし、人がいなければ教会は存在しないのです。)ここで最初の7人の執事(しもべ)が選ばれ人々に仕え、使徒たちを助ける者となりました。これは使徒たちを他の人たちの上に置くことではなく、それぞれに適した働きにつかせ仕えさせるためでした。私たち一人人に仕える場所を見出すことができ、仕える者とならなければならないのです(誰も他の人に勝る者はいません)。適した善い人を見出すことが先決でした。彼らは「この仕事にふさわしい人、賢明で、聖霊に満たされた人」(品性において、言動において評判の良い人)でした。後にはこの人たちはただ肉体的な必要のために仕えただけではなく、証し、みことば語り、奇跡もなしていました(8-9も節参照)。しかし、この箇所で使徒たちに関しても繰り返し使えられた言葉があります。それは奉仕、また仕えるということばです(ギリシャ語で「ディアコネオ」)。それぞれに仕える奉仕の場所があるのです。そしてすべての者の働きを合わせて初めて体が機能するのです。パウロはこのように言いました。「4-5人の体には多くの器官があるのと同じように、キリストの体である教会にも、多くの器官があります。私たちはみな、キリストの体の各器官です。その体が形造られるには、私たちが必要です。というのは、それぞれが異なった役割を果たすからです。ですから、私たちは互いに依存し合っており、だれもがほかのすべての人を必要としているのです。 6神は一人一人に、何かすぐれた賜物を授けてくださっています。ですから、預言する(神に託されたことばを語る)賜物を授かっているなら、預言しなさい。 7他の人々に仕える賜物を授かっているなら、快く仕えなさい。教える立場にあるなら、よく教えなさい。 8説教をする人であれば、人の助けとなるように説教しなさい。多くのものを与えられているなら、惜しみなく分け与えなさい。管理者としての賜物を与えられ、人々を監督する立場にあるなら、その責任を誠実に果たしなさい。悲しんでいる者を慰める賜物のある人は、喜んでそうしなさい」(ローマ12:4-8 JCB; 伝道の書 9:10も参照)。あなたも必要です。

炉心

あなたにどのように当てはまりますか?

 

今日のQT箇所: 使徒の働き 6:1-7
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。