いのちのオアシス

バイブルビタミン

2024年02月15日

自分の知恵に頼るな


(English following)

今日のことば

マルコ 14:44-45(新改訳JSS2017) イエスを裏切ろうとしていた者は、彼らと合図を決め、「私が口づけをするのが、その人だ。その人を捕まえて、しっかりと引いて行くのだ」と言っておいた。ユダはやって来るとすぐ、イエスに近づき、「先生」と言って口づけした。

コメント

私たちはユダがイエスを裏切ったときの内なる考えや動機について何も教えられていません。もしかすると、イエスが思ったような軍事的救済集として出現していなかったことで欠望していたのかもしれません。または、イエスがご自分の軍事的メシアの正体を現さなければならない状況を造ろうと思ったかもしれません。いずれ、イエスと神のことば、主の主権的計画に対する信頼を捨てて、自分の力や知恵で物事を動かそうとしました。その結果イエスは捕らえられました、そして最終的に十字架にかけられました。これは神の計画ではありましたが、ユダにとっては良い結末に至りませんでした。イエスは前に言われました。「人の子は、自分について書かれているとおり、去って行きます。しかし、人の子を裏切るその人はわざわいです。そういう人は、生まれて来なければよかったのです」(マルコ14:21 JSS2017)。物事が思うように進まなかったときに、ユダは完全に望みを失いました。そして、唯一希望を与えることができる方を、彼は裏切ったのです。自分のやったことを取り返そうと心がけましたが、もう遅かったのです。やったことはもうやりました(マタイ27:3-5参照)。実は、他の弟子たちもイエスを裏切り逃げたのです。しかし、最終的には悔い改め、イエスに立ち返り、回復されました。ユダも悔い改めの心さえあれば、赦しと回復があったでしょう。自分の知恵や力だけに頼ってはいけません。「神にも人にも喜ばれ、正しい判断力と英知を得たいなら、とことん主に信頼しなさい。決して自分に頼ってはいけません。6何をするにも、主を第一にしなさい。主がどうすればよいか教えてくださり、それを成功させてくださいます。7-8自分の知恵を過信してはいけません。むしろ主に信頼して、悪の道から離れなさい」(箴言3:4-8 JCB; 1ヨハネ1:9-10も参照)。

あなたにどのようにあてはまりますか?

炉心

 

Bible Vitamin

Scripture

Mar 14:44-45 NIV84  Now the betrayer had arranged a signal with them: “The one I kiss is the man; arrest him and lead him away under guard.” 45 Going at once to Jesus, Judas said, “Rabbi!” and kissed him.

Observation

We are not told anything about Judas’ inner thoughts and motives for betraying Jesus.  Maybe he became disillusioned with Jesus because he was not fulfilling the image of who he thought the Messiah should be or how he was to come as a military leader and overthrow the Romans.  Maybe he thought he would set up a situation where Jesus would be forced to reveal himself in power and strike the Roman occupation.  Whatever his reasoning, Judas has forgotten his trust in Jesus and God’s word.  He is trying to work things out in his own strength and reasoning.  Although this led to Jesus’ arrest and ultimately his crucifixion, God used it to accomplish his plan and purpose for Jesus and the redemption of mankind.  But it did not turn out well for Judas.  Jesus said earlier, “The Son of Man will go just as it is written about him. But woe to that man who betrays the Son of Man! It would be better for him if he had not been born.” (Mark 14:21 NIV84) When things did not work out the way Judas expected or wanted, he lost all hope and he had betrayed the only one who could give him hope.  Although he tried to undo the damage which resulted, what was done was done (see Matt 27:3-5).  The other disciples also betrayed and deserted Jesus and yet in the end there was repentance and restoration.  The same would have been available for Judas had he repented and returned to the only one who could forgive and cleanse him.  It is never wise nor safe to trust in your own strength or wisdom.  And when we mess up, the only and best thing to do is to return to our Lord Jesus, the Messiah. “Then you will find favor with both God and people, and you will earn a good reputation. 5 Trust in the LORD with all your heart; do not depend on your own understanding. 6 Seek His will in all you do, and He will show you which path to take. 7 Don’t be impressed with your own wisdom. Instead, fear the LORD and turn away from evil.” (Pro 3:4-7 NLT; see also 1John 1:9-10)

How does this apply to you?