いのちのオアシス

バイブルビタミン

2024年06月13日

試練の中の救い


(English following)

今日のことば

1ペテロ 2:9 (新改訳JSS2017) 主はこのようにされたのですから、敬虔な者たちを誘惑(試練、逆境)から救い出し、正しくない者たちを処罰し、さばきの日まで閉じ込めておくことを、心得ておられるのです。

(ERV) ここで分かるように、私たちの王である神は謙遜(けんそん)な者たちを救い、さまざまな問題から必ず助け出してくれる。そして悪人は決して離さず、最後の判決で罰を下すまで閉じ込めておくのだ。

コメント

ある人は、イエスと共に歩み一緒におられるなら、試練や困難はないと考えます。しかし、みことばはこれを承認せず、人生に対して非常に自己中心的な見方であり、誤った期待感です。ダビデはこのように言いました。「主の目は 正しい人たちの上にあり 主の耳は 彼らの叫びに傾けられる。16主の御顔は 悪をなす者どもに敵対し 主は彼らの記憶を地から消し去られる。17苦しむ者が叫ぶと 主は聞かれ そのすべての苦難から救い出してくださる。18主は心の打ち砕かれた者の近くにおられ 霊の砕かれた者を救われる。19正しい人には苦しみが多い。しかし 主はそのすべてから救い出してくださる」(詩篇34:15-19 JSS2017)。試練、困難、苦しみはないとは言っていませんが、それらの中に主が共にいてくださり、その中から救い出してくださると約束しています。主は霊(心)が砕かれた者を救い出される、と約束しています(困難の中で心打ち砕かれている者)。ペテロはここで不義と悪を最終的にさばく日を引用しています。神はこのようなさばきの時にご自分の民を取り除いたり、(携挙したり)することをみことばのどこにも教えていません。エジプトの災いの時にも、バビロン捕囚の時にも、神はその中でご自分の民を守り救い出してくださいました。ペテロは二つの実例を挙げてこのことを証明してます。ノアと洪水、ロトと、ソドムとゴモラの滅び(5-8節参照)。主はいつもその困難の中で、共にいて、救いの道を示されます。弟子たちが嵐の中を通られたときにイエスは共に船の中にいて、向こう岸にたどり着かせました。これは終わりの艱難だけではなく、私たちの個人的な困難の中にも同じように救い出したくださいます。「正しい人には苦しみが多い。しかし 主はそのすべてから救い出してくださる」(詩篇34:19 JSS2017;1コリント10:12も参照)。

あなたにどのようにあてはまりますか?

炉心

 

 

Bible Vitamin

Scripture

2Pe 2:9 (NLT)  So you see, the Lord knows how to rescue godly people from their trials, even while keeping the wicked under punishment until the day of final judgment.

Observation

Some think that if we follow Jesus and walk upright, we should not have any trials or difficulties in life.  Nothing in Scripture supports this and it is a very self-centered way of seeing life and the expectation we should have for it.  Here is what David said, “The eyes of the LORD watch over those who do right; His ears are open to their cries for help. 16 But the LORD turns His face against those who do evil; He will erase their memory from the earth. 17 The LORD hears His people when they call to Him for help. He rescues them from all their troubles. 18 The LORD is close to the brokenhearted; He rescues those whose spirits are crushed. 19 The righteous person faces many troubles, but the LORD comes to the rescue each time.” (Psa 34:15-19 NLT)  This does not promise no trials or troubles but rather that the Lord will deliver the righteous when they face many troubles.  It promises that “The Lord is close to the brokenhearted” (those who feel broken in the midst of troubles.)  Peter is also referring to the ultimate judgment of evil and unrighteousness.  Nowhere in Scripture is there an example of God removing his people from the judgment but rather protecting in it and leading them through it (see the plagues and judgements on Egypt in the Exodus; the Babylonian Exile etc.) The judgments God will bring on the earth are to judge the wicked, but also he provides salvation and deliverance for his people in the midst of the judgment.  This is also what Peter is telling us by giving two other examples, Noah and the Flood, and Lot in the midst of judgment on Sodom and Gomorrah (see v. 5-8). There is no promise of God removing his people from the tribulation that he allows for judgment, but rather He will deliver them in the midst of the tribulation.  This is also true for the trials and troubles we experience personally.  “The Lord knows how to rescue godly people from their trials.” (see also 1Cor 10:13)

How does this apply to you?

 

 

 

今日のQT箇所: 2ペテロ 2:1-11
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。