いのちのオアシス

バイブルビタミン

2024年06月27日

奇跡の過程


(English following)

今日のことば

2列王記 4:25,27,28,30 (リビングバイブルJCB) エリシャは、カルメル山に近づいて来る彼女を遠くから見つけ、ゲハジに言いました。「見なさい。あのシュネムのご婦人がやって来る。27ところが、山の上にいるエリシャのそばまで来ると、彼女はひれ伏して、彼の足にすがりつきました。ゲハジが引き離そうとすると、預言者は言いました。「そのままにさせておきなさい。何か大きな悩みがあるに違いない。それが何であるか、主はまだお告げになっていないのだ。」28女は言いました。「私に子どもが生まれると言われたのは、あなた様です。その時、からかわないでください、と申し上げたはずです。」30ところが、その子の母親は言いました。「主にかけて申し上げます。あなた様とごいっしょでなければ、決して家に帰りません。」そこで、エリシャも彼女といっしょにシュネムに向かいました。

コメント

この話は奇跡の展開とそれを受け取るための忍耐を教えています。一瞬のうちには起きませんでした。このシュネムの女にエリシャのことばにより奇跡的に与えられた息子が死んだとき、彼女は信仰の過程(歩み)を進んでいきました。まず、夫にロバとしもべをつかわしていただきました(22-24節参照)。彼女はそのわけを明かしませんでした、夫にも、迎えに来たゲハジにも(25-26節参照)。しかし、エリシャのところに着いたら、その心と願いを明かしました、そして、エリシャがともに死んだ息子のところに来るまで、あきらめませんでした。エリシャも子の奇跡のために取り組みました。その子のいた部屋に入って、祈りました。二回も死んだ子の死体の上に体を合わせておおいました。そして、息が戻り、7回くしゃみをして、生き返りました。時には、私たちは神の約束を手に入れ奇跡を見るためには、忍耐強く、しきりに求め、信じなければなりません。しかし、全てに神の時と計画があることを忘れてはなりません。へブル書では「女たちは、死んだ身内の者たちをよみがえらせていただきました。また、ほかの人たちは、もっとすぐれたよみがえりを得るために、釈放されることを拒んで拷問を受けました」(へブル 11:35 JSS2017)とあります。でも、そのときのよみがえりであって、後のよみがえりであっても、重要なのはイエスから目を離さないで、信仰を持ち続けることです(へブル12:1-2参照)。「これらの人たちはみな(よみがえりを見た者も、そのよみがえりを見なかった者も)、その信仰によって賞賛されました」(へブル 11:39 JSS2017)。約束のものを手に入れるためには信仰に加えて、忍耐と不屈が必要なのです(へブル10:35-39参照)。「わたしの義人は信仰によって生きる。もし恐れ退くなら、わたしの心は彼を喜ばない」(へブル11:38 JSS2017)。

あなたにどのようにあてはまりますか?

炉心

 

 

 

 

Bible Vitamin

Scripture

2Ki 4:25,27,28,30 NLT  As she approached the man of God at Mount Carmel, Elisha saw her in the distance. He said to Gehazi, “Look, the woman from Shunem is coming. 27 But when she came to the man of God at the mountain, she fell to the ground before him and caught hold of his feet. Gehazi began to push her away, but the man of God said, “Leave her alone. She is deeply troubled, but the LORD has not told me what it is.” 28 Then she said, “Did I ask you for a son, my lord? And didn’t I say, ‘Don’t deceive me and get my hopes up’?” 30 But the boy’s mother said, “As surely as the LORD lives and you yourself live, I won’t go home unless you go with me.” So Elisha returned with her.

Observation

This whole story is about a miracle in progress and perseverance to receive it.  It does not happen instantaneously but rather unfolds one step at a time.  When the Shunammite woman’s son died, whom God had miraculously given to her through the word of Elisha, she begins her process to receive her miracle.  She asks her husband for a donkey and servant to take her to the prophet Elisha (v. 22-24).  She does not tell anyone her mission or purpose, not even her husband or even Gehazi whom Elisha sent to find out what was the matter (see v.25-26). She bares her heart and situation to Elisha and refuses to leave him until he comes back with her to where the dead son is laying.  Even Elisha had to contend for this miracle.  He went in to pray for the boy, stretched himself out on his dead body twice; continued to pray until life came back into the boy (see v. 34-35). There are times when we must contend for answers to prayer and for miracles.  But ultimately it is in God’s timing and plan.  Hebrews tells us, “Women received back their dead, raised to life again. Others were tortured and refused to be released, so that they might gain a better resurrection.” (Heb 11:35 NLT) Whether there was a resurrection or not Hebrews tells us, “These were ALL commended for their faith.” (Heb 11:39 NLT).  The important thing is to keep our eyes on Jesus and our faith and trust in him, not necessarily what we want (see Heb 12:1-2).  Patient perseverance is what we need to receive the promises (see Heb 10:35-39.) “But my righteous one will live by faith. And if he shrinks back, I will not be pleased with him.” (Heb 10:38 NLT).

 

 

 

 

今日のQT箇所: 2列王記 4:18-37
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。