いのちのオアシス

レオ・ケイラー師 召天のお知らせ


【レオ・ケイラー師 召天のお知らせ】

2023年12月31日 23:00頃

有明バイブルチャーチ創設牧師であるレオ・ケイラー師(92歳)が召天されました。

68年という長きに渡り日本宣教に尽くしてこられ、有明バイブルチャーチにとっては霊の父であり、牧会者として共に歩んでくださいました。一同、ただただ感謝にたえません。

昨年11月にもう一度来日され、直接お会いすることができたことは私たちにとって大きな慰めです。その時の、これまでと変わらず主を礼拝し、御言葉を力強く語られるお姿が今も目に焼き付いています。

これまでのレオ先生の日本宣教における尊いお働きに心から感謝するとともに

また天国での再会を待ち望みたいと思います。

是非、ロバート・ケイラー師をはじめ、ご家族の上に主の深い慰めがあるように覚えてお祈りください。

有明バイブルチャーチ 一同

 

レオ・ケイラー師の長男であり、有明バイブルチャーチ主任牧師のロバート・ケイラー師からのご報告を合わせて掲載させていただきます。

↓↓↓

【ロバート・ケイラー師より】

私たちの父であり、ケイラー家の族長であるレオ・ケイラーは永遠の幕をくぐり、救い主イエスキリストの御前に立ちました。

日本時間の日曜日12/31午後11時ごろ安らかに眠りの中でこの地上を去りました。

愛する主イエスご自身によって迎えられたと信じますが、さらに多くの方々に迎えられたと思います。

妻であり、私たちの母フィリス・ケイラーが待っていたと思いますが、他の多くの家族、親族、先に行かれた、先輩たちやこの地上で父から影響された多くの方々、父からキリストの素晴らしい福音を伝えらえて信じ、救われた多くの方々によっても迎えられたことを想像することもできます。

父の存在は大きな穴を残します。またその声をしばらくきくことができなくて、悲しみもありますが、今は痛みも、苦しみもなく、待ちに待った御国の喜びと楽しみを心行くまで満喫していることでしょう。

召天メモリアルセレブレーションを後に行う予定ですが、今のところはまだ未定です。

決まり次第連絡します。

父母の生涯のストーリーをもっと知りたい方はぜひ、彼らの自伝を買い求めてください。(ホープ・パブリケーションから発行されました—「わたしが示す地へ」)

 

Our father and patriarch of the Kaylor family, Leo Kaylor, step through the veil into the presence of His Lord and Savior, Jesus Christ, Sunday morning 12/31 at around 6:00 a.m. He slipped away peacefully in his sleep. I am sure he was welcomed by the Lord himself and his wife and our mother, Phyllis Kaylor and a whole host of family, friends, mentors and many, many more whose lives were touched and transformed by the Gospel of Jesus Christ, which Dad gave his heart and soul to share and proclaim to as many as he could. We will miss his presence and voice, but rejoice that he is now free of pain and experiencing the joys of heaven and eternity that he longed for. We will notify later of a date for celebrating his life.

For those who would like to read their story, check out their autobiography:

https://a.co/d/4gQ5M4Q